. Information Security Psychology (InfoSecPsycho) Page



情報セキュリティ心理学のためのウェブ
Information Security Psychology (InfoSecPsycho)

[Return]
研究助成
* 今年度(2017年度)も 『情報セキュリティ心理学研究』 は日本心理学会 研究助成対象研究会 の承認を受けました


情報セキュリティ心理学関連

 情報セキュリティは、技術的な問題だけでなく、人間的な問題も考える必要があります。
 関連した資料を公開することにしました。

 * 2017年07月 HCII2017(the 19th International Conference on Human-Computer Interaction)
 「Establish Security Psychology 〜 How to Educate and Training for End users 〜
   発表者: 内田勝也
 
情報セキュリティ心理学 研究会
下記研究会への参加は、登録制になっています。ご希望の方はメール、あるいは Facebook でご連絡下さい
 (メールアドレス、Facebookホームページの先頭を参照下さい)。

  次回の 情報セキュリティ心理学 研究会
  * 日 時  5月18日(金) 18:30〜20:30
  * 場 所  明治大学・【駿河台キャンパス】《アクセスマップ》
 (場所の詳細は、参加時にお問合せ下さい)

  * テーマ  セキュリティ警告は利用者エラーを防いでいるか?
 〜マイクロソフトとアップルの相違から考える〜

  * 概 要  OSのセキュリティ警告やセキュリティの考え方は、マイクロソフトとアップルでは必ずしも同じではない。
 しかしながら、最近はMS社の考えが次第にアップル社の考えに近くなってきた。
 ユーザがいかに間違いを犯さないようにするのかについての努力をしてきているように思える。 セキュリティ技術と心理学とを繋ぐ考えである「Foolproof(ユーザが誤った操作をしても危険な状況を招かない考え方)」から考えてみた。

  * 発表者  野々下 幸治(トレンドマイクロ株式会社)

  * 事務局  (公益法人)日本心理学会 情報セキュリティ心理学研究会【 代表 内田勝也】



  
= = = = = = = = = =( PDFファイル )= = = = = = = = = =
【 2015年度概要 】     【 2014年度概要 】
【 2013年度概要 】     【 2012年度概要 】

*** 【 2017年度 〜 2016年度 】の情報セキュリティ心理学研究会 内容 ***

 日 時2018年04月13日(金)
 テーマInfoSec 2018 参加報告
 発表者内田 勝也 (Institute of Security Psychology)

= = = = = = = = = = = = =( 2017年度以前 )= = = = = = = = = = = = =
 日 時2018年03月02日(金) 13:25〜17:30
  テーマ(1) 内部不正による情報漏えいを誘発する要因に関する研究
  発表者(1) 新原 功一(明治大学大学院 先端数理科学研究科 現象数理学専攻)
  テーマ(2) 総務省「通信利用動向調査」にみる震災とソーシャルメディア利
  発表者(2) 西本 実苗(関西学院大学)
  テーマ(3) セキュリティ心理学について
  発表者(3) 内田 勝也(Institute of Security Psychology)

 日 時2018年01月19日(金) 日 時2017年11月24日(金)
 テーマ情報、情報システム、安全工学 そして、ソーシャルエンジニアリング 
〜セキュリティ心理学を考える〜
 テーマSANS 433: Securing The Human 参加報告
 発表者内田 勝也 (Institute of Security Psychology) 発表者内田 勝也 (Institute of Security Psychology)


 日 時2017年10月27日(水) 日 時2017年10月06日(金)
 テーマ不作為によるヒューマンエラーを考える
 テーマセキュリティ文化とレジリエンスの考察
 発表者内田 勝也 (Institute of Security Psychology) 発表者内田 勝也 (Institute of Security Psychology)


 日 時2017年08月02日(水) 日 時2017年06月23日(金)
 テーマセキュリティ心理学研修事例の紹介 〜 ストーカー殺人事件 誘導質問術対応 〜
 テーマHuman Error Once More 〜 セキュリティ心理学 〜
 発表者内田 勝也 (Institute of Security Psychology) 発表者内田 勝也 (Institute of Security Psychology)


 日 時2017年05月26日(金) 日 時2017年04月21日(金)
 テーマInfoSec World 2017報告
 テーマ共有アカウントは内部不正を誘発するか?
 発表者内田 勝也 (情報セ大学院大学) 発表者新原 功一 (明治大学大学院 博士課程)


 日 時2017年03月01日(水) 日 時2017年01月27日(金)
 テーマ欺術(騙しのテクニック:
数字で騙す/騙される)
 テーマ監査(Audit)を考える 〜 ITAC 2016 参加報告と監査/Auditを考える 〜
 発表者内田 勝也 (情報セ大学院大学) 発表者内田 勝也 (情報セ大学院大学)


 日 時2016年11月25日(金) 日 時2016年10月14日(金)
 テーマセキュリティ文化の構築を考える
 テーマセキュリティ心理学を俯瞰する
 発表者内田 勝也 (情報セ大学院大学) 発表者内田 勝也 (情報セ大学院大学)


 日 時2016年09月16日(金) 日 時2016年08月18日(金)
 テーマBlackhat USA 2016 参加報告
 テーマ人の予測とその心理過
 発表者荒木 粧子(株式会社ソリトンシステムズ) 発表者福田 健(清泉女子大学)


 日 時2016年07月29日(金) 日 時2016年06月24日(金)
 テーマ事故とヒューマン・組織のモデル
 テーマSANS.org ソーシャルエンジニアリングトレーニング参加報告
 発表者氏田 博士(環境安全学研究所) 発表者内田 勝也 (情報セ大学院大学)


 日 時2016年05月13日(金) 日 時2016年04月22日(金)
 テーマeラーニングをモデルとした 内部犯行の予測因子の識別
 テーマ情報セキュリティへのヒューマンファクターズ分析評価手法の適用 (その2)
 発表者新原 功一(明治大学大学院 博士課程) 発表者五郎丸 秀樹 (日本電信電話株式会社)


情報セキュリティ心理学ワークショップ等

  日本心理学会 第81回大会 情報セキュリティ心理学関連 公開シンポジウム
    日 時: 2017年09月22日(金)13:40〜15:20
    テーマ: SS-084 情報セキュリティ心理学研究 2017
     企画代表者: 内田 勝也(情報セキュリティ大学院大学)
   話題提供者: 上田 卓司(早稲田大学)
   話題提供者: 西本 実苗(大阪大学)
   話題提供者: 新原 功一(明治大学)
   話題提供者: 内田 勝也(情報セキュリティ大学院大学)
   指定討論者: 高橋     優(埼玉工業大学)
   指定討論者: 福田     健(清泉女子大学)
   司  会  者  : 畑上 英毅((アクティブディフェンス技術研究所)

  日本心理学会 第79回大会 情報セキュリティ心理学関連 公開シンポジウム
    日 時: 2015年09月24日(木)09:20〜11:20
    テーマ: SS-083 情報セキュリティ心理学研究 2015
     企画代表者: 内田 勝也(情報セキュリティ大学院大学)
   話題提供者: 福田     健(清泉女子大学)
   話題提供者: 上田 卓司(早稲田大学)
   話題提供者: 中西     晶(明治大学)
   話題提供者: 内田 勝也(情報セキュリティ大学院大学)
   指定討論者: 西本 実苗(大阪大学)
   指定討論者: 高橋     優 埼玉工業大学)
   司  会  者  : 山口 健太郎(横浜市立大学)